慢慢らいふ

~台湾に住む30代女子のイラストブログ~

完璧なおかっぱ頭を求めて〜台湾編〜

こんにちは、Chububb(チャバブ)です。


前回に引き続き、私のおかっぱ頭についての話。
前回の話はこちらから。
chububblog.com



マンガ「女子と男子の『かわいい』って違うよね」

f:id:chuckles_and_bubbles:20210517000341j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210517000344j:plain
顔を覆わないのって台湾美容院あるある?
f:id:chuckles_and_bubbles:20210517000352j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210517000355j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210517000400j:plain
「お兄さんが『かわいい』を教えてあげよう」ってか
f:id:chuckles_and_bubbles:20210517000404j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210517000410j:plain
やな予感はしてたけどね
f:id:chuckles_and_bubbles:20210517000415j:plain
デビに対しては単なる八つ当たりです

台湾の美容院事情

台湾、特に台北には「日系美容院」と呼ばれる、日本式のサービスや技術を備えた美容院がいくつもある。
「日本人に切ってもらいたい」という在台日本人向けに、日本人のスタイリストの数も少なくない。


例えば、以下の美容院なんかはチェーン展開している。
www.meejapan.com

特に髪型にこだわりがある女子には嬉しいオプション

チャバブ


まぁ、私は日系美容院じゃなくてアラフォー台湾人男子(デビ)が通う美容院に行ったんだけどね。

デビ

カット400元(約1600円)!


ちなみにマンガでは「ひどい髪型にされた!」みたいな描き方をしてしまったけど、全然そんなことないことは補足しておく。
むしろ値段の割にクオリティは良いと思う。
多分、私みたいにこだわりが強くなければ「美容師さんがいい感じにしてくれた」終わったはず。
ただ、この手の美容師さんと私の愛称が悪いだけだ。


でも、誰しもがゆるふわ可愛いモテ髪を求めてるわけではないのはわかって欲しい・・・。
あと私は別に洗練された大人の女性になるつもりもなく、むしろ年齢を凌駕した「子供感」を目指していきたいのだ・・・。

www.youtube.com



皆さんは美容師さんに「こっちの方が良いと思うよ」って言われた時、その通り受け入れるだろうか?
それとも「いや、私のリクエスト通りに切ってくれよ・・・」と思うだろうか?
はたまた「お任せします」?