慢慢らいふ

~台湾に住む30代女子のイラストブログ~

台湾のコンビニですごく得したのに、いまいち解せなかった話

こんにちは、Chububbです。

先日コンビニに行った時に起こった

得をしたのに、解せなかったお話です。

 

マンガ「オ…オゴ…?」

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101648p:plain

日本でもお馴染みの、あのコンビニです

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101653p:plain

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101704p:plain

購入後、ドヤ顔でデビに報告

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101712p:plain

カードでボケッと支払ったので、気づかなかった

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101659p:plain

f:id:chuckles_and_bubbles:20201222101717p:plain

はて…?

柔軟すぎる店員の対応に、嬉しくも戸惑う

多分私と同様、誰もが「ちょっとよく分からないんですけど」

ってなったと思うので解説しますね…。

  1. デビが店員に、2本目割引になってない旨を伝える
  2. 店員曰く、違うメーカーの、同名のお茶が割引対象であるとのこと
  3. 念のためデビと店員で表記を確認に行くf:id:chuckles_and_bubbles:20201222104150p:plain 
  4. 店側が違うメーカーのお茶の前にポップを配置していたことが分かった
  5. お詫びに、店側が無料で2本お茶をくれた

という流れ。

 

店がポップを貼り間違えた別メーカーの『鐵觀音茶』は

ロゴもパッケージの色も驚くほど酷似していて

店員が間違えるのも無理はないくらいだったらしい。

 

確認時、最初デビも店員もその違いに気付かず

2人でしばし立ち尽くしたそう。

 

その分かりにくさにごめんなさいという気持ちから

お店がお茶をフリーサービスしてくれた。

 

…のだけど、そこまでしてくれなくても、

差額の15元返してくれるだけで良くない?って思っちゃった。

ポップを読み込めば、まあ一応メーカーが違うことは分かるし。

 

そもそも、個人の商店ならまだしも

コンビニがそこまで対応しちゃっていいのがすごい。

 

間違い探しの後「こ、これは完敗じゃあー!」っていう衝撃から

勢いでここまでしてくれたのかな。

日本のコンビニだったら、どんな対応になるのかしら。

 

 なにはともあれ、損はしなかったのでめでたしめでたし、でした。