慢慢らいふ

~台湾に住む30代女子のイラストブログ~

台湾アートスポット「寶蔵巌國際藝術村」でドッペルゲンガーに遭った話

こんにちは、Chububb(チャバブ)です。


台北には、「寶蔵巌國際藝術村(Treasure Hill Artist Village)」というアートスポットがある。
www.artistvillage.org


ここは、国内外のアーティストが一定期間住み込み、作品展示や制作物の販売ができる場所。
小さな丘の上にある、打ち捨てられかけた古ーい住宅区をそのまま活用していて、とってもノスタルジック。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/85/寶藏巖聚落.jpg
引用元:https://zh.wikipedia.org/wiki/寶藏巖聚落

台北エリアの中でも、私が特に好きな場所

チャバブ


そんな素敵な藝術村で体験したちょっぴり不思議な話


マンガ「台湾にいたのか・・・!」

f:id:chuckles_and_bubbles:20210421185308j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214243j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214151j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214158j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214203j:plain
たしかに目が合った!
f:id:chuckles_and_bubbles:20210421214209j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214215j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210421214222j:plain
そういうことにしておこう

「寶蔵巌國際藝術村(Treasure Hill Artist Village)」の紹介

ここからは写真とともに寶蔵巌國際藝術村(以下、藝術村)の様子をぜひ。



藝術村は地下鉄「公館」駅を降りて、徒歩15分くらいの場所にある。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422002701j:plain
この壁が見えたら、藝術村内に入ってきたということ


手前のお寺をすぎてズンズン進むと、受付のような一画がある。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422004435j:plain
入り口付近


ここで、パンフレットがもらえる。
それから後は区内を思いのままに散策するだけさ!

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422004945j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422004921j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422004857j:plain
アーティストが建物にそのままペイントしてたり
f:id:chuckles_and_bubbles:20210422005109j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422005611j:plain
家はアーティストの居住空間だったり、展示場だったりする
f:id:chuckles_and_bubbles:20210422010031j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422005145j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422005220j:plain
入り組んだ路地は歩き回るだけで楽しい


この巨大なフォーチュンクッキーは、インスタ映え間違えなし>

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422011023j:plain
人いないから大きさ分かりずらいけどでかいです

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422005302j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210422010419j:plain
カフェや一風変わった書店もあるよ


そしてこちらが私の分身的品々。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422005539j:plain
英語が微妙に間違っているのはわざとなのか否か


芸術村は「Treasure Hill」と名前にあるように、 丘の上にあるので見晴らしもとても良いのだ。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210422010821j:plain
大通りから離れているので静か

ちなみにこの藝術村内にユースホステルもあるので、藝術空間にどっぷり浸かりたいという人は泊まるのもありかも

チャバブ


どうだっただろうか。
興味があったら、ぜひ一度足を運んでみてほしい。