慢慢らいふ

~台湾に住む30代女子のイラストブログ~

台湾の歯みがき事情

こんにちは、Chububbです。


皆さん、どんな歯ブラシを使っているのだろうか?
ブラシのヘッドは大きめ?小さめ?電動歯ブラシ?


私は電動ではなく、一般的な歯ブラシを使っている。
また、「歯ブラシのヘッドは大きいと磨き残しが発生しやすい」
と歯科医師から聞いたことがあり、小さいヘッドを長年愛用している。
具体的には、クリニカの超コンパクトサイズ。


今回はそんな私が、来台して驚いた
台湾の歯ブラシについてのお話。


個性が強い台湾の歯ブラシ

f:id:chuckles_and_bubbles:20210114002506p:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210114002513p:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210114002526p:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210114002537p:plain

台湾のオーラルケアブランド「DARLIE」製品を実際に購入してみた

せっかくなので実物をご覧あれ。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210114003140j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210114003209j:plain
ユニークなのでお土産にする人もいる

そしてこちらが比較画像。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210114003521j:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210114003511j:plain
右がクリニカ超コンパクト、中央がDARLE、左がクリニカコンパクト

うん、デカイわ。

いや、クリニカが元々
かなり小さいヘッドだということは認める。
それでも相当デカイと思う。


なお、うちでは使わないのでデビのパパに贈呈予定。

「DARLIE」の変遷(やっぱり物議はかもしてました)

このオーラルケアブランドは台湾好きの間では特に歯磨き粉が有名
ネットでも結構話題になっている。


ちょっとセンセーショナルなネーミングと
一度見たら忘れられないお兄さんのイラストがあいまって
ユニークな台湾土産候補としてもしばしば紹介される。


元々上海で1933年(!)に創立され、
1949年に台湾をベースとして経営するようになった、長ーい歴史を持つ会社。
実はこのDARLIE、以前はもっとあからさまなデザインと名前をしていた。
https://kknews.cc/world/e5bxepn.htmlkknews.cc
en.m.wikipedia.org


これらの記事を見てもらうとわかる通り
元の名を「DARKIE」と言い、
そして明らかにアフリカ系の男性をモデルにしたイラスト
だった。


肌の色と歯の白さのコントラストから
イメージキャラクターとして選ばれたよう。
発売当初は、「人種差別」というものが
まだ当たり前に語られていなかった時代だものなぁ。


その後アメリカから批判を受けて(そうなるよね)、
1989年に今の名前とイラストに変更されたとのこと。
まぁ、中国語名はそのままだけど・・・。


そんなある意味「ユニーク」な過去をもつDARLIEブランド。
見かけたらそんな過去があったんだなぁと、
思いにふけってみても良いかもしれない。