慢慢らいふ

~台湾に暮らす30代女子のコミックエッセイ~

慢慢らいふ

食べ過ぎ注意?の湯圓

こんにちは、Chububbです。
昨年12月21日は台湾の冬至でした。
この日、台湾では湯圓(タンユェン)という餅の一種を食べるのが習慣で
以下はその習慣に関するお話。


我が家の湯圓依頼方法

f:id:chuckles_and_bubbles:20210112125042p:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210112125049p:plainf:id:chuckles_and_bubbles:20210112125052p:plain
ウソつけぇ!

f:id:chuckles_and_bubbles:20210112125057p:plain

ほっこり優しい冬のスイーツ

冬至じゃなかろうが、1月になった現在も
湯圓を定期的に食べている私。


スーパーの冷凍コーナーで簡単に手に入るから
見つけるとすぐ買ってしまう・・・。
そしてつい手が伸びるもう一つの理由、それは

f:id:chuckles_and_bubbles:20210112125012j:plain
パッケージがレトロ可愛いんだよね

レトロなフォントとかデザイン好きは
ジャケ買いするよねこれは。


マンガで描いた通りデビが
私のお通じ具合を案じてあまりたくさん食べさせてくれないので
最大4つまでしか一度に食べたことがない。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210112125021j:plain
シンプル・イズ・ベストの食べ方は白湯


ちなみにこれはちょっと変わり種、黒米を使ったお餅。

f:id:chuckles_and_bubbles:20210112124925j:plain
台湾では紫米と言う

白いお餅よりコシがあって、私はこっちの方が好きかも。